上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年9月に行われる“放生会”
博多3大祭りのひとつだそうです。


DSC_9098.jpg


DSC_9096.jpg


放生会とは...

生きとし生けるものの生命を慈しみ守られる八幡大神の御心にこたえる祭で、
実りの秋を迎えて海山の幸に感謝を捧げる祭でもあります。
その起こりは八幡大神の「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」
との御神託によるもので、本宮では千年以上前から続く最も重要な祭典です。
どんたく、山笠と並び博多三大祭りにも数えられ、古くは博多の各町内が着物や
ごちそうを持ち寄り「幕出し」といわれる大宴会に興じていました。
(この幕出しは現在、博多町人文化連盟の人々によって復活)。
祭り期間中は参道一帯に700もの露店が立ち並び、百万を数える参拝者で
にぎわう九州随一の秋祭りです。


筥崎宮HPより抜粋


千年以上も前から続いてるなんてすごいね

DSC_9114.jpg


700も並ぶ露店の中には、金魚すくいはもちろん、ウナギ、鯉、カメも。
見世物小屋(何があるのか怖くて入れず)やお化け屋敷、昔の温泉宿にあった
様なゲームコーナー等普通のお祭りでは見られないようなものも。

そして放生会といえばやっぱり“博多ちゃんぽん”



そして、おはじき
これは毎年絵柄が違ってて、今年は世界遺産が書かれていました。


この二つは初日の早い時間に完売。
お目当ての人が多く大人気みたい。

ちゃんぽんはかわいいのでいつか欲しいなあと思ってるんだけど、
並ばないと買えないっぽいのでいつになることやら...


コタはと言うと、夏休みに行った田舎のお祭と違い人の多さに圧倒
されたのか、終始キョロキョロと落ちつきがなくおとなしかった。

DSC_9113.jpg

でも、金魚すくいとヨーヨーすくいは自ら申し出てやりました。
と、言いたいここだけど、何もいわずに見てるのでさせてあげました。

家だと、割と自分の意思をいうんだけど、外だとまるっきりダメ。
欲しいものやしたい事があってもじーっと見てるだけで何も言わず。
こっちから切り出さないと言わないの。
だからいつも

「思ってることは口に出して言わないとわからないよ。
コタの心の中の事はわからないんだから。
ちゃんと自分のしたい事、欲しいものは自分のお口で
言おうね。」

と。

ま、何度言ってもまだダメですけど(笑)


たくさん歩いて疲れたけれど、帰ったら「楽しかった!!」と
言ってましたよ。テンション低めで(笑)
あのテンションの低さを見て新司が、

「来年はないな...」

とポツリ。

張り切って連れて行ったのにね(笑)
でも、来年はひとつ大きくなってるので違った感じ方ができるんじゃ
ないかな?!

それにしても、お面や綿菓子が高いこと!!
ボッタクリだよ。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。